WiMAXが殺意を覚えるレベルで遅いのでモナWi-Fiに乗り換えた

皆さん外出先でパソコンやタブレットを使うとき当然ポケットWi-Fiを持ち運ぶと思います。
 
僕もつい最近まで(というか今でも)WiMAX2+を契約していました。
プロバイダはBroad WiMAXで機種はW04を使っています。
 
ですが、朝の通勤時間帯及び夜の帰宅時間帯の通信速度が殺意を覚えるレベルで遅いので、契約期間10ヶ月ちょっとで解約を検討しました。

検討しました。というのはどういうことかというと、

WiMAXの代わりにFUJI Wi-Fiを契約してみようと思ったけど、ここ最近僕の好きなYouTuberさんがFUJI Wi-Fi遅い。と言っていたので、完全に乗り換えるのはちょっとリスキーだから平行して試しに使ってみよう。

と言うことです。
今WiMAXを解約してFUJI Wi-Fiに乗り換えると、違約金も払うことになりますし、初期費用も掛かる様になってしまいます。
 
仮に違約金まで払ってFUJI Wi-Fiを契約したのに、FUJI Wi-Fiが使いものにならない。
となってしまうと目も当てられないので、とりあえず平行して1ヶ月使ってみてFUJI Wi-Fiが使い物にならなければ1ヶ月で解約。
 
しっかり使えそうならば、本格的にFUJI Wi-Fiに乗り換える。という風にしました。
 
でも題名見てここにたどり着いたあなたはきっとFUJI Wi-Fiの話なんて聞きたいわけではないと思います。
 
そして、僕は結局FUJI Wi-Fiを契約しないでモナWi-Fiを契約しているのです(笑)
 

なぜFUJI Wi-FiではなくモナWi-Fiに至ったか?

当初予定していた契約会社はFUJI Wi-Fiでした。
ですが、やっぱり有名YouTuberさんがこぞってレビューしたことにより契約数がうなぎ登り。
そして値上げに次ぐ値上げ。

当初3,000円台で無制限使用可能だったのですが、現時点では無制限プランは6,000円台。
100GBプラントか200GBプランとかなら4,000円台もあります。

僕の使い方なら到底100GBに到達することはあり得ないのですが、

なんとなく通信量に上限があるという事実が精神衛生上良くない。

結構前からFUJI Wi-Fiはサービスインしていて契約者数も順調に伸ばしているし、値上げもしています。
そしてなにより、直近の通信速度に対するレビューが少ないため今契約することは果たして正解なのかどうかが分からないということ。

そんな中でFUJI Wi-Fiより安く尚且つ無制限プランを提供している会社はないかなー?
と色々物色していた訳なんです。

そこで見つけたのがモナWi-Fiなのです。

なぜモナWi-Fiを契約したのか?

いつからサービスインしたのかわかりませんが、恐らく最近サービスインした会社だと思います。
と言うのも、まだレビュー数が少ないからです。

YouTubeではちょこちょこモナWi-Fiを契約してみたというレビューは上がっているのですが、絶対数自体はまだそこまで多くはありません。

僕はそのYouTubeでのレビューも見たのですが、とりあえず速度自体は問題無さそう。
そして、現時点では速度制限がそこまでかかっていない。
僕が見た動画では300GB使ったけど速度制限掛かっていないです!という内容でした。

ってかそんなにどうやったら使えるんだよ…。
そんな使い方している人がいるからあんまり使わない人にまでしわ寄せが行くのよ…。

と思いましたが、とりあえず速度に関してはしっかり出ている。と判断しました。
また、完全個人的な理由なのですが、ちょっとソフトバンク回線自体あんまり信頼していない自分がいます。
何故かというと、僕はiPhone 3Gからソフトバンクユーザーなのですが、代を追う毎にドンドン回線環境が悪化していったという過去があります。

そんなこんなで、ソフトバンク回線からau回線に乗り換えました。
そしてとりあえず無制限のプランが良かったので消去法でWiMAXを契約するに至った流れです。

まぁ基本的には人柱ってやつです。
 

モナWi-Fiとは?

さて前置きが長いのが僕の特徴かと…。

モナWi-Fiとは基本的にはFUJI Wi-Fiとサービス内容はほぼ変わりありません。
端末をモナWi-Fiからレンタルしてそれを利用するということ。
使用回線はソフトバンク回線網を使うということ。

ですが、モナWi-FiのプランはFUJI Wi-Fiよりももっとシンプルです。

モナWi-Fiのプラン

  • SIMカードのみデータ無制限
  • SIMカード+端末100GBプラン
  • SIMカード+端末 無制限プラン

この3つだけになります。(2018年11月2日時点)

モナWi-Fiの料金

となります。
そしてそれぞれに初期費用として
初回事務手数料:5,000円(税抜き)
初回端末登録料:3,980円(税抜き)
がかかります。

ハイ。。。高いです。初期費用が異様に高いです。
ですが、今日現在キャンペーン中ということで、初回端末登録料が0円となっています。

またクーポンコードを使うとSIMカード+端末 無制限プランが100GBプラント同じ、月額3,680円(税抜き)になります。 

これは、契約後3ヶ月とかでは無く、クーポンを適用すれば解約までずっと適用という形になります。
クーポンはYouTubeで「モナWi-Fi」と検索すればYouTuberさんが概要欄などに記載してくれています。
(申込タイミングによってはクーポンが使用可能かどうかは分からないので必ず確認してください)

モナWi-Fiのレンタル機種

端末に関してはFUJI Wi-FiだとFS030W/ARIA2/304ZT/501HWが候補に入っています。特に304ZT/501HWは旧機種になるので、若干スペックが劣ります。
モナWi-Fiだと602HWになる事が予想されます。現段階ではHPに端末の記載が無く、到着した人のレビューを見ると602HWがほとんどの人で到着しています。

WiMAX2+ VS モナWi-Fi

では一番気になる速度の所を実際に計測していきましょう。
ちなみにココの部分だけなるべく多く更新していきたいと思っている所です。

自分が契約したいな。と思った時にこういったレビューに載っているのが、3ヶ月前とか半年前だとやっぱりあんまり参考にはならない…。
知りたいのは自分が契約したいと思った時の直近の通信環境です。

と今回の件で僕がつくづく思いました。なのでなるべく多くの人に参考になってくれれば良いと思うので、通信速度に関しては随時更新していきたいと思っています。

僕はWiMAXを3年契約していますので、auの4G LTE回線も無料で使う事が出来ます。
なので、WiMAX2+回線・au 4GLTE回線・モナWi-Fi(ソフトバンク回線)の3つのパターンを計測したいと思います。

ちなみに僕が殺意を覚えるレベルで遅かったWiMAXですが、朝の通勤時間帯及び夜の帰宅時間帯では1Mbpsに満たないという事が頻発していました。

コレは電車内で高速移動中だから安定しないのかな?という事であれば情状酌量の余地有りですが、電車を降りて徒歩で自宅に向かっている最中でも1Mbps以下の事が頻発しています。

そしてなんとこの現象はWiMAXだけで無くauの4GLTE回線でも同様のことが起こっていました。
Google Play Musicのストリーミングが止まるという本当に殺意を覚えました。

いざ速度計測!

最終更新日:2019年7月28日
速度計測ソフト:Google検索上のスピードテスト

1回目:鳥元 神保町店
計測日:2019年7月28日
計測端末:Huawei Mate 20 Pro

2回目:鳥元 神保町店
計測日:2019年7月28日
計測端末:Huawei Mate 20 Pro

3回目:鳥元 神保町店
計測日:2019年7月28日
計測端末:Huawei Mate 20 Pro

計測日:2019年7月12日(クリックして展開)
1回目:スターバックスコーヒー(四谷三丁目店)
計測日:2019年7月12日
計測端末:Huawei Mate 20 Pro

2回目:スターバックスコーヒー(四谷三丁目店)
計測日:2019年7月12日
計測端末:Huawei Mate 20 Pro

3回目:スターバックスコーヒー(四谷三丁目店)
計測日:2019年7月12日
計測端末:Huawei Mate 20 Pro

計測日:2018年12月1日(クリックして展開)

1回目:京王線笹塚~新宿駅間トンネル
計測日:2018年12月1日
計測端末:Huawei Mate 20 Pro

2回目:京王線笹塚~新宿駅間トンネル
計測日:2018年12月1日
計測端末:Huawei Mate 20 Pro

3回目:京王線調布駅(電車内)
計測日:2018年12月1日
計測端末:Huawei Mate 20 Pro

4回目:京王線調布駅(電車内)
計測日:2018年12月1日
計測端末:Huawei Mate 20 Pro

計測日:2018年11月30日(クリックして展開)

1回目:府中市自宅
計測日:2018年11月30日
計測端末:Huawei Mate 20 Pro

2回目:府中市自宅
計測日:2018年11月30日
計測端末:Huawei Mate 20 Pro

3回目:府中市自宅
計測日:2018年11月30日
計測端末:Huawei Mate 20 Pro

ヤバっ。今回の計測超早い。
金曜日のこの時間帯なのに回線空いてるのかな。

計測日:2018年11月28日(クリックして展開)

最終更新日:2018年11月28日
速度計測ソフト:Google検索上のスピードテスト

1回目:JR.武蔵野線東浦和駅手前
計測日:2018年11月28日
計測端末:MacBook Pro 15inch

2回目:JR武蔵野線東浦和駅停車中
計測日:2018年11月28日
計測端末:MacBook Pro 15inch

3回目:JR武蔵野線東浦和駅出発時
計測日:2018年11月28日
計測端末:MacBook Pro 15inch

モナWi-Fiどう?

誰に忖度するでもなくホンネで話せるのが個人ブログの良い所ですよね。
僕が使っているHuawei P9 lite です。

この端末、実はWi-Fi機能が少し弱いんですよね。
5Ghz帯に対応していないというのもあるのですが、普通の2.4Ghz帯の通信もチップが安価のやつなのか、通常のポケットWi-Fiに接続してても通信速度が遅いです。

なので、一番最初のスピードテストはPCで行いました。
PCで無線接続しましたが、上記のスピードでしたね。

武蔵野線沿線は全体的にスピードが遅かったです(笑)

実際ソフトバンク回線になって、室内における電波の入りは全く気にしなくなりました。
今までは飲食店に入っても「なるべく窓側の席に座らなければ」と思っていたのですが、そこは安心のソフトバンク回線。

どこの席に座っても基本的に圏外になる事はありません。
また京王線笹塚〜新宿駅間の長いトンネル内も電波が繋がる事も地味に嬉しいです。

速度的には正直まだ分からないというのが現状です。
それはHuawei P9 liteの端末の問題だと思います。

ということで、Huaweiの最新フラッグシップ端末
Huawei Mate 20 Pro買っちゃいました。

その端末に接続した状態での速度比較も計測したら更新したいと思います。
(更新しておきました)
その時も場所と、後は時刻も入れておいた方が良さそうですよね。

スマホでスクショを撮ればそこは時刻も一緒に撮れると思います。

ちなみにコレを書いている時点で11月30日なのですが
11月の総データ通信量は26.47GBでした。

とりあえず現時点(11月30日午後8時)では速度制限掛かっていないです。
多分僕の利用状況だと30GB前後が月間の利用量になるっぽいです。

このダウンロード速度とアップロード速度を出すことができれば
セミナーのYouTube Liveがはかどりますねー!

スピードテストは随時更新していきたいと思います!

月間通信量無制限のプランが100GBのプラント同じ月額で契約できるキャンペーンは終了がいつまでか分かりませんがなるべく早めに契約することをオススメします!

追記があればドンドン下にやっていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です