ATOMOS NINJA V購入半年レビュー

去年(2018年)の12月に購入レビューした【ATOMOS NINJA V】
この製品をガシガシ使っておよそ半年が経過しました。

ちなみに初期のレビュー記事はこちら

【購入レビュー】Blackmagic VideoAssist 5” 12G HDRレビュー

2020年3月11日

ATOMOS NINJA V購入ファーストレビュー

2018年12月12日

あの時は使い始めて初期の段階で感じたレビューでした。
しかもプロ機材を購入したんだぞという高揚感から多少良い方にレビューをしてしまいがちな時期。

ということで今回は購入からおよそ半年が経過しているので
冷静に考えた状態でのNINJA V レビューと言うことで記事を作っていこうと思います。
(需要あるのかわからないけど…)

現在の用途

現在僕が使用しているのは基本一眼レフカメラの外部記憶装置としての用途が多いです。
使用機材としては

  • GH5
  • GH5S
  • EOS R
  • Blackmagick intensity shuttle

ちょっと4つ目のBlackmagick intensity shuttleだけ特殊な用途かもしれませんが、Blackmagick intensity shuttleにHDMI INで一眼レフカメラやスイッチャーの映像を入力し、そのままスルーアウトの映像をNINJA Vに映している。というような流れになります。

Blackmagick intensity shuttleとNINJA Vの接続イメージ

デメリットを先に挙げます

やっぱりバッテリー保ちがちょっと不安

これは初期のレビューでも話をしていた内容なのですが、意外とちゃんと計測するとそこそこ録画できる事がわかりました。
でもやっぱりバッテリーの消費はそこそこ早いような印象を受けます。
(実際の所はGH5の方がバッテリーの減り早いという現実なのですが…)

以前の記事ではNP-F970バッテリー(互換品)で7900mAh搭載と記載しましたが
それは完璧に誤りで7300mAh搭載でした。

そのNP-F970互換バッテリー(7300mAh)をフル充電した状態にて、GH5から1080p 60fps(59.94)を出力し収録した場合の連続撮影時間は2時間57分でした。
LowBattery表示が出てきたのが2時間21分の時点でした。

ATOMOS NINJA V 録画可能時間

1時間半でバッテリー切れるとか、普通にウソでした笑
実際にこのテストやったことなかったので、初めてやりましたがちょっと結果にビックリ。

1時間半くらいしか持たないバッテリーは相当劣化していたのでしょう。

今回使用したこのバッテリーも購入したのは今からおよそ2年程前になります。
内部の劣化は多少あると思いますのでその点は考慮していただければと思います。
ちゃんと純正のNP-F970バッテリーなら3時間連続撮影も可能かもしれません。

でもこういうレビューで短く記載されてて、実使用で伸びる分には問題ないですよね?

リグとか組まないと重い(重量バランスが悪い)

これはアクセサリーの組合せで解消できる問題かもしれません。
僕の場合GH5 or GH5SからのHDMI出力をNINJA Vにだしてバックアップ用に収録しています。

そこに更に、SONYの業務用ワイヤレスマイクURX-P03Dを接続しています。
ホットシューがGH5は一個しかありませんので、複数繋げられるようなホットシューアダプターを接続しています。

そのホットシューアダプターにNP-F970バッテリーを搭載したNINJA VとURX-P03Dが乗っかっているとどうしても重心が高くなります。

ATOMOS NINJA V重心が左右に傾くイメージ

そして、若干NINJA Vの位置も左右どちらかに寄ってしまうので、
重量バランス的に5:5にはなりません。

僕の場合ほとんど左側にNINJA Vを設置することが多いので、左側が重くなります。
これはNINJA Vが重いというよりもNP-F970が重いと言った方が正解の様な気もします。

ですが、前項のデメリットであるバッテリー保ちがあまり良くないので
なるべく大容量のバッテリーを接続する必要があって
NP-F970は必須だと僕は考えています。

【2020年2月14日追記】
重量バランスを考えてSmallRigのGH5/GH5S専用リグを組みました。

SmallRigの製品でGH5Sのリグを組んでみた

2020年2月11日

バッテリーが1個しか接続できない

これはNINJA FLAMENINJA INFERNOを知ったことによるNINJA Vのデメリットだな。と感じました。

NP-F970バッテリーを接続した状態でも、連続撮影時間はおよそ2時間50分です。
そうすると、どうしてもバッテリーチェンジの時間が定期的に訪れるわけです。

その時に「1回必ず電源を落とさなければいけない」という事です。

この1回電源を落とさなければいけないと言うことはつまり
1回収録を止める必要がある。
と言うことに他なりません。

長回ししない人であれば全く関係のない話かも知れませんが
僕の場合セミナー撮影で使用する事も多いので、長回しは日常茶飯事です。

そんななか「すいません、バッテリー変えるのでちょっとお待ちください」なんてセミナー講師に言えない訳ですよ。
セミナー講師ってティーアップされて出てきているわけで
カメラマン程度の人間がセミナー講師に指示出しするなんて、場の空気が冷めちゃうしセミナー受講生の反応も変わってしまうわけです。

そういったことを考えると、NINJA FLAMEやNINJA INFERNOのようにバッテリーを2個付けできたら、電源を落とすことなくバッテリーを入れ替えることができるのにな。と感じました。

NINJA INFERNO Photo via ATOMOS

ま、バッテリー2個も着けたら更に重くなってそれはそれで文句言うんでしょうけどね…。
ちなみに最初の付属品でACアダプターは付属しているので、移動がなくて長時間撮影するならそれを使いましょう。

使用時の接続アダプター(ホットシューマウント)が心配

これは何て表現したら良いのか分からなかったのでこういった言い回しになっています。

筐体底面に三脚ネジが掘ってあって、そこにホットシューアダプターなり三脚なりを接続できます。
僕の場合ホットシューに接続可能なボール雲台の様な物を接続しております。

ninja v ホットシュー接続アクセサリー

このボール雲台の耐荷重がそれほど高くないと言うのがそもそもの問題だと思いますがそれは置いておいて…。
結構キツく締めないと、パタンと前に倒れたり後ろに倒れたりしてしまいます。

ですが、キツく締めると今度は容易に角度を変えることができなくなってしまうので、丁度良い締め具合や角度を見つけるのが難しいです。

電源切るのに4秒長押しは長い

このNINJA Vって電源ONの時は、筐体サイドのパワーボタンを1回押しですぐ起動に入ってくれるのですが、電源を切るときはそこを4秒長押し(或いはソフト上での電源ボタンを4秒間タップ)する事で電源が落ちます。

4秒は長ぇ!

多分誤作動防止だと思うのですが、通常使用でも2秒間連続押し続けるという行為はほぼ発生しないと思います。
電源OFF時は2秒の長押しで良かった…。

電源ボタンの作りがちゃっちい

これは前項の話とも関連してくるのですが、パワーボタンがど真ん中しか反応しないような仕様です。
円形のボタンがあって、ちゃんと真ん中を押し込まないとボタンが反応しないです。

しかもそこそこ押しづらいので、長押ししている最中にどうもボタンの押しが甘くなって
いつの間にかボタンを離している(と認識している)状態になってしまい
結局10秒くらい電源ボタンを長押ししなければならない状態になってしまったことが多々あります。

物理ボタンを押して電源OFFにするとこのような面倒な問題が出てきてしまうので、ソフトウェアボタンを押して電源OFFにする様に対策しています。
NINJA Vのバッテリー情報タブに電源OFFのポイントがあるのでそこを4秒間タッチし続ければ電源が落ちます。
そっちやった方が確実に電源を落とすことができます。

熱い

電源ONと同時に結構な回転数のファンが作動し始めます。
4K60pを収録できるレコーダーですし、しかも連続撮影を前提としているので排熱に対ししっかりとした機構を持っているのだと思います。

だとしても、1時間・2時間と起動しているだけで画面部分などはそこそこな温度になります。
結構心配なレベルの温度だと僕自身は感じております。

そんな熱を持った状態のNINJA Vをそのままバッグにぶち込むのは結構抵抗があって
撮影終了後少しNINJA Vの温度が下がるまで放置して、十分に温度が下がってからバッグにしまうようにしています。

これもどれほど意味があるかは未知数なんですがね…。

微妙にカメラと色味が違う

これは僕のカメラ設定かNINJA V側の設定の問題なのかもしれません。
GH5からNINJA Vに接続したとき、特に顕著に表れるのですが色味が結構違います。

こうやって改めて冷静に考えてみると、結構デメリット(気になる点)って結構考えられる部分なんですね。

お待ちかねメリット!

画面がとにかくキレイ

やはり一眼レフカメラ内蔵の背面ディスプレイがキレイになってきたといっても3インチ前後の液晶ディスプレイ。
5インチフルハイビジョンのATOMOS NINJA Vには適いません。

これは一瞬で体感できるメリットです。
一眼レフカメラからのHDMIアウト映像をそのまま最高画質で映し出してくれますので非常に高精細な映像を確認することができます。

マニュアルフォーカスが捗る

僕が使っているGH5/GH5Sはオートフォーカスが致命的な弱点だというのは既に周知の事実。

実際に僕もセミナー撮影等をするときは基本的にマニュアルフォーカスに設定しています。
マニュアルフォーカスをボディの液晶モニターで確認するのは中々大変な作業です。

一応ピーキング表示も有効にしているのですが、GH5/GH5Sのピーキングはザックリピーキングなので、信頼性という面ではあまり高くはありません。
そんな時にNINJA Vで映像を確認しながらマニュアルフォーカスをすると、バシッとピントを合わせる事が可能です。

このディスプレイが大きく、高精細になったことでピント送りなどの映像表現も非常にやりやすくなりました。

またオートフォーカスが甘いGH5/GH5Sだけのメリットではなく
フルサイズミラーレスであるEOS Rの映像も被写界深度が浅いのでちょっとしたピントのズレで映像が使い物にならなくなってしまう可能性があります。
しかし、EOS Rの映像をNINJA Vで確認する様になってピンズレが圧倒的に少なくなりました。

普段使っているのはRF28-70F2 L USMのレンズを使っているのですが、これがF1.2とF1.4とかの非常にピントが薄いレンズでも容易にピントを合わせる事ができるようになると思います。

バックアップとして非常に安心

接続しているSSD(僕が買ったのはWestern Digital(ウェスタンデジタル)社製の1TB SSD)に映像を保存します。

SSDなので、カメラのSDカードみたいに記録速度が足りないので録画を停止します。とか途中で映像出力が切れたとしてもファイルがちゃんと残っている。とか何か特別な不具合や破損などが無い限りデータはほぼ100%保存しておいてくれます。

ちなみに1回だけ、GH5の電源が突然落ちてGH5側のデータは全滅、NINJA Vのデータは残っていた。という事例が発生しました。
この時ほどNINJA Vを買っておいて良かったと思ったことはありません。

クライアントからお金をもらって仕事しているので、「データ無くなりました」は笑えないですからバックアップは絶対必要…。

SDカード用意しなくても良い時がある

用意しなくて良いというよりも、高速なSDカードをそもそも持っていないんですよね。僕って。
そんな中でGH5Sの4K 4:2:2 10bitを録画しようとすると、確実に書き込み速度が足りなくて途中で録画が止まります。

でも4K 4:2:2 10bitをHDMI出力してNINJA Vで収録すれば100%録画が止まる事はありません。
このやり方をしてしまうとバックアップとしての用途はできなくなってしまうのですが、僕は遊びの撮影の時にこのような使い方をしている時があります。

自分のYoutube撮影が多いですね。4Kで撮っておくと、編集時のデジタルズームの幅が広がるので重宝しています。

6ヶ月使用の総評として…

やっぱり買って良かったと思っています。

もちろんバックアップとしての用途がメインで安心を買う。ということだけでも意味がある物です。
しかしそれ以上に撮影現場での作業を円滑に進めてくれるガジェットだと思います。

特に映像はフォーカスが合っていないと使い物になりません。
ピンズレの映像ばかり撮ってきても何の意味も無いわけで、ピンボケ映像を確実に防ぐためには必須の端末だと感じています。

最近SSDの値段も下がってきているので大容量も手が入りやすくなっていますし。
僕が買った時1TBのSSDは20,000円超えてたのに、今なら(2019/07/13現在)15,000円切っているし。

あ、ちなみにATOMOS純正のSSDはアホみたいに高いので買っていません。
Western Digital(ウェスタンデジタル)社製のSSDは比較的評価も高くて、価格も安すぎず高すぎず丁度良い感じだったので買いました。

どうもSSD市場で一番安心感があるのはSamsun(サムスン)社製と言われていますがね。
実際の所はどうなんでしょ。

補足

1TBのSSDで1080p 60fps(59.94)を録画する場合はProRes LTでおよそ10時間です。DNxHDなどではさらに短くなります。
バッテリーだけじゃなくてSSD容量による収録時間を記載している人あまりいなかったので参考になれば幸いです。

ATOMOS NINJA V 録画可能時間

1TB空の状態ならDNxHDでも5時間くらいは撮影可能です。
皆さんがどんな用途なのか分かりませんが、僕は基本ProRes LTで全く問題無いので10時間撮影可能であれば余裕で余ってくれます。

そんなに撮影することもないですしね。

アフィリエイトリンクとかはないので、どこから買って頂いても僕には一銭も入ってきません。
好きな所で買ってください!笑

1 個のコメント

  • ninja vに非常に興味があったので
    とても参考になりました。
    ありがとうございます。
    1点質問なのですが
    panasonicのGH5の高解像アナモフィックMP4モードの
    4992×3744, 29.97p記録を
    atoms ninja vを使い録画すると
    4K60p 4:2:2,10bitで保存は出来るものなのでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です